クリニックを経営なさっておられる先生へ。
確定申告に関する経費削減と上手な節税対策実行。
ぜひ私ども佐伯祐司税理士事務所(078-641-8027)にお電話ください。

今年も個人事業者の確定申告が終わりました。
今年の申告、いかがでしたか?

措置法26条の恩恵を受けておられる先生も今後の医療環境の変化には十分な対応が迫られることでしょう。

先生を取り巻く外部の環境は、脅威とさえうつるようになってきました。
キャッシュフローが潤沢であっても、徹底的な経費削減は必要だと思います。

厚生労働省は糖尿病及びメタボリックシンドロームの従業員に対し、企業に、平成20年度からの特定健診・特定保健指導を義務づけることを決定いたしました。

これは、果たしてクリニックを経営する先生には追い風と言えるでしょうか?
政府は、増え続ける健康保険料の歯止めとして診療報酬の減額や老人にも応分の負担も行ってまいりました。
平成20年度からは予防医療を本格的に進める方向性が浮き彫りになります。
コチラ参照

このような毎年患者さんは減り、収入が減っていくような環境の中で、クリニック経営は、まず経費削減を考える必要があるのではないでしょうか?

また、節税についても重要なテーマになっていくのではないでしょうか?

先生は、以下のような心配事はおありではないですか?

□子供の教育費に対して、大きな貯蓄がしにくくなった  のでは?
□収入をアップしようにも近所に競合は増えていってい  るのでは?
□人材の不足も心配では?
□株式会社化が本格的になればクリニック経営は一体  どうなるのか?
□事業の承継はできるだろうか?
□相続税で持ちこたえられるだろうか?
□経費の節約はどうしていったらいいのか?
□体力と気力がいつまで持つことだろうか?
□もっともっと貯蓄はできないのだろうか?

どんなに、キャッシュフローが潤沢であっても、徹底的な経費削減は絶対必要です。
そして、今のうちに手を打っておかないといけないのではないでしょうか?

そのためには、クリニックと言えども収入アップ作戦と経費削減作戦の二つが重要であります。

収入アップ作戦は、経営戦略が重要になってくるでしょう。

では、経費削減は、何から手をつければいいでしょうか?

答は簡単です。経費の削減と節税指導をしてくれる会計事務所が必要なのです。

必要経費を削減した上で、上手に節税する以外にはないでしょう。

経費の削減と節税のキーマンは、会計事務所なのです。
会計事務所選びが、クリニック経営の先生にとっては重要な戦略なのです。


クリニックの決算は、それほどむつかしくはありません。

収入は、社会保険と国民健康保険が主で、資料が毎月送られてきますし、入金も普通預金に確実になされます。

医薬分業を実施なさっておられましたら、医薬品の仕入もほとんどないことでしょう。

日々の窓口収入の管理と毎月の取引の検査料や人件費等が主な経費ですので、既によくご存知のことでしょう。

あとは、先生ご自身の経費を計算する程度で決算から申告まで出来上がります。


もし、私どもを顧問としておまかせいただきましたら、経費の削減と相続・事業承継まで見据えた節税指導を行います。

ステップとなる経費節減という意味は以下の料金体系をご覧いただければお分かりになっていただけることでしょう。


・ クリニック経理マニュアル
・ 窓口担当者用マニュアル
・ 経費集計表
・ 節税対策マニュアル
・ メールマガジン(毎月発行)

をお付けいたしまして、入会金2万円、毎月1万円、決算料8万円の年間20万円(消費税込み)で顧問契約を結ばせていただきます。


私のプロフィールやビジネスの展開に関しましては、私どものホームページに紹介させていただいております。

以下がホームページのURLです。

サイバー経理

経営戦略ソフト

経営コンサルティングは007コンサル

ぜひ、新年度から私ども会計事務所と長いお付き合いをしていただけないでしょうか?
ご連絡をお待ちしております

PS
私どもは、いつでもお電話をお持ちいたしております。
神戸市長田区御船通1−2
長田納税会館2階
佐伯祐司税理士事務所
TEL 078-641-8027