こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。



「こどもが生まれた頃に加入したこども保険の証券を見てきちんと計算したら、保険期間中に支払う保険料の方が、受け取る満期金の合計より少ないんです!  『将来の教育資金の貯金』のつもりで加入したのに○○万円も損するなんて・・。」

いわゆる元本割れのこども保険とは知らずに加入していたという相談です。
元本割れのこども保険には3種類あります。

その1
加入してしまった保険会社の運用見込み(予定利率)が低い。

その2
保険会社の選択は良いが医療、育英年金特約等が無駄についている。

その3
運用見込み(予定利率)も低く、特約も無駄についている。

残念ながら、こども保険を提案した方がお客様のことより営業担当者と保険会社の成績を優先してしまったためだと思われます。


相談者の中には保険料を約240万円払っても、満期金で戻るのが200万円で
約40万円元本割れという方もいらっしゃいました。

くれぐれもこども保険は元本割れしないか、不要な特約は付けられていないかをきちんと計算して確認してください。ただ、残念なことに現在こども保険に加入している方の大部分は元本割れのこども保険に加入しているようです。


しかし、元本割れのこども保険に加入していてもあきらめないでください!!
先ほどの約40万円元本割れの方もプロのアドバイスで現状より約33万円も教育資金を多く用意することができました。一刻も早く見直すことで対応がとれます。


こんな無駄はこども保険に限りません。


親御さんの保険については生涯で1000万円もの無駄な保険料を支払っている方も多くいらっしゃいます。相談者の味方であるプロにご相談ください。ご家族の明るい将来のために今できることをしましょう!!


お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

07年01月12日 | Category: 生命保険のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。


生命保険は『人生で住まいの次に高い買い物』と言われているように一般的な家庭でも生涯で2000万円近くの保険料を支払います。


今、2007年問題で団塊世代の大量退職が話題となっていますが、生命保険の世界では、団塊ジュニア世代の争奪も激しくなってきています。
なぜなら、団塊ジュニアが社会に出てから10年が経過しようとしているため、大量の生命保険の更新時期が迫ってきているからです。


 多くの保険会社の方針(都合)で販売されている生命保険は10年更新のものが多く、同じ保障内容を維持するためには10年毎に保険料が高くなるように設計されています。特に社会人になったばかりの時に職場に出入りしている保険の外交員の人に勧められた保険はそうなっていることが多いです。


 正しい生命保険設計ならばそのまま更新すればいいのですが、思うように給料が上がらない現状では今以上に保険料が高くなるのは非常に厳しいものがあります。
 そこで、保険の営業担当者はあらゆる手を使って生命保険契約を維持または他社から切り替えようとしてきます。その典型的な例は・・・

その1
これまでの加入していた保険の積立部分をこれからの保険料に充てて、月々の保険料は今までとあまり変わらない安くていい保険のように見せかける。


その2
どんな死亡でも5000万円が出る保険だったのを、事故や三大疾病死亡の時だけ5000万円が出る保険にし、保険料が高くなっていないように見せかける。

その3
 「これからは死亡よりも医療保険が大事」と言って、家庭のライフプランも考えずに安いけれども更に払い損になるガンや医療中心の保険への切り替えを勧める。

くれぐれも保険会社の口車に乗らないように注意してください。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台

07年01月10日 | Category: 生命保険のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

保険診断をおこなっていますと、かなりの高確率で酷い保険の転換をされた生命保険の契約を見ます。


あなたに保険を勧めた方はあなたの味方ですか?



それとも保険会社の味方ですか?


保険の転換とは、わかりやすく言うと昔から加入している保険を下取りしてもらい、新しく加入する保険にその下取り金を充ててもらうことです。


マイカーを買い換える時のやりとりに似ています。そのような営業トークで保険の転換を勧める方もいますが、保険とマイカーは全く違います。


昔から加入している保険は総じて予定利率が高いのです。予定利率が高ければ、それだけ安い保険料で大きな保障が得られ、貯蓄性があるものではその貯蓄部分が高いもので年5.5%(目安)で運用されています。


マイカーは年々価値が下がりますが、昔の保険(バブル期に加入したもの)は年々価値が上がるのです。



その年5.5%の予定利率の保険を下取りに出して予定利率が低い(年1.65%等)現在販売されている新しい保険に加入し直させるという保険会社の利益を重視した場合が多いのです。それだけで加入者よっては数百万円の損をしています。

もちろん保険の転換全てが悪いのではありません。


ライフステージに合わせて必要な保障が変わっていくこともあります。その際に保険の再設計のために転換が行われます。


しかし、加入者の利益を優先した高い予定利率の保険を残しつつもライフステージに合わせた保険の再設計ができるのにも関わらず、保険会社の利益を優先した転換が非常に多いのが現実です。


保険会社の人に勧められて最近保険に加入していませんか?


保険証券に『転換』の表示はありませんか?



単なるお付き合いで数百万円ものお金を無駄にしていませんか?


将来大きな後悔・1000万円超の損となるかもしれません。くれぐれもご注意ください。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台
07年01月09日 | Category: 生命保険のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
ページ移動 前へ 1,2, ... ,33,34 Page 34 of 34