07年06月28日

最近の動き

◆国民年金保険料の事後納付期限延長を検討 5〜10年に◆

政府・与党は、未納の国民年金保険料の事後納付を特例的に認める期限について、現行の「過去2年間分」から、一定期間を対象に「過去5〜10年間分」へ延長する検討に入った。早ければ秋の臨時国会での
法整備を目指すとしている。


◆1992〜96年入社会社員の年金が統合漏れ◆

20歳以上の学生への国民年金加入義務付け後の1992年から1997年の基礎年金番号導入前の1996年の間に4年生大学を卒業して就職した社会人の大部分で、学生時代分の国民年金の加入記録が基礎年金番号へ統合されていないことがわかった。該当者は将来の年金額が減るため、社会保険事務所へ申請して手続きを行う必要がある。
07年06月28日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年06月28日

最近の動き

◆時効分の年金全額支払いを対象者に通知へ◆

厚生労働省・社会保険庁は、記録漏れが判明して記録が修正されたにもかかわらず、5年の時効により増額分を受け取れなかった人に対して、不足分を全額補償する通知を行う方針を示した。年金時効特例法案を受けたもので、同法案の成立後、数カ月以内に対象者に通知を行うとしている。対象は、25万人程度で補償額は約950億円に上るとみられる。


◆「特例納付制度」の実態調査を開始◆

社会保険庁は、国民年金保険料の未納分の一括納付を認めた「特例納付制度」(1970〜80年に3回実施)の実態調査を開始。特例納付分が年金記録から漏れていると主張する加入者が相次いでいるためで、法的
には認めていなかった市町村窓口での納付が記録漏れにつながっている可能性が指摘されている。
07年06月28日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年06月25日

最近の動き

◆時効分の年金を今夏から支給へ 厚労相方針◆

柳沢厚生労働大臣は、「年金時効撤廃特例法案」で救済される、従来、記録漏れが判明しても5年の時効により受け取ることができなかった過去の年金の不足分について、今年の8〜9月頃から一時金としての支給を開始する方針であることを明らかにした。厚生労働省の試算では約25万人が対象となり、年金額の総額は950億円に上るとされる。

◆「年金記録問題検証委員会」が今秋までに最終報告◆

年金記録漏れの原因を解明し、歴代の厚生労働大臣・社保庁長官らの責任を検証する「年金記録問題検証委員会」の初会合が開かれ、1カ月以内に中間報告、今秋をめどに最終報告をまとめたい考えを示した。同
委員会は安倍首相の指示で総務省に設置されたもので、メンバーは松尾邦弘前検事総長(座長)、金田修東京都社会保険労務士会会長ら7名。
07年06月25日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年06月22日

最近の動き

◆年金支給判断の第三者委員会は全都道府県に設置◆

政府は、領収書などの証拠がない場合の年金支給の可否を判断する第三者機関(社会保険労務士、税理士、弁護士らで構成)について、全都道府県にある総務省の出先機関に7月をめどに設置する方針を固めた。
本部機能を総務省に設置して一定の審査基準を作成し、全国で統一的な判断を示せるようにする。また、菅総務大臣は同委員会での判断を事実上の最終決定とする方針を示した。
07年06月22日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年06月20日

最近の動き

◆申請遅れで時効の年金は5年で1,155億円 厚労省推計◆

年金受給年齢到達後に加入者からの申請がないために5年の時効が適用されて年金を受け取れなかった件数が1999年から2003年の5年間で約9万3,000件あり、総額で1,155億円に上ることが、厚生労働省の推計
で明らかになった。審議中の「年金時効撤廃特例法案」では、申請の遅れにより時効にかかった年金は補償の対償としないとされている。
07年06月20日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
ページ移動 前へ 1,2, ... ,70,71,72, ... ,73,74 次へ Page 71 of 74
新着ブログ10件
最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き
コメント・トラックバック
カテゴリー
All
プロフィール
小耳ニュース
最近の動き
アーカイブ
月別アーカイブ
人気ブログ10件