07年07月30日

最近の動き

◆「年金記録第三者委員会」が新たに8件を記録訂正へ◆

「年金記録確認中央第三者委員会」は、第1回目(13日:15件)に続き、新たに8件(国民年金7件、厚生年金1件)の年金記録の訂正を求めるあっせん案を決定した。同委員会は、社会保険庁から依頼された292件の給付判断を9月末までに終えるとしている。今月17日から開始された「地方版第三者委員会」には、22日までに1,352件の申立てがあった。


◆「年金時効撤廃特例法」適用 さらに108人に支給認定◆

社会保険庁は「年金時効撤廃特例法」に基づき、第1回目(19日:145人)に続いて、新たに108人に未支給分の年金を支払うことを発表した。
対象者の平均年齢は76歳、平均支給額は84万円だった。認定者された人には、8月15日に未支給分が銀行口座などに振り込まれる。
07年07月30日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年07月24日

最近の動き

◆時効分の年金を145人に支給へ 特例法を初適用◆
社会保険庁は、7月6日に施行された「年金時効撤廃特例法」(年金記録が訂正された場合は5年の時効を適用せず過去の不足分を全額補償する)に基づき、145人に対して時効となっていた未払い分の年金(総額7,423万円)を来月15日に支給すると発表した。同法が適用される初めてのケースで、今後も額が確定したものから順次支給していくとしている。


◆「地方版第三者委員会」が申立て受付開始 初日は382件◆
年金記録が無いとされた人が記録訂正の審査を求める「年金記録確認地方第三者委員会」への申立て受付が今月17日に始まり、初日は382件(国民年金195件、厚生年金187件)の申立てがあったことがわかった。
申立ては全国309の社会保険事務所で受け付けられ、全国50カ所に設置された地方第三者委員会に送付され、審査される。
07年07月24日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年07月18日

最近の動き

◆保険料未納企業の従業員救済のための特例法案提出へ◆

政府・与党は、企業の横領や払い忘れにより、厚生年金保険料を支払っていたのに未納扱いとなっている従業員への年金支給を可能にする特例法案を、今秋の臨時国会に提出する方針を固めた。未納企業からは時効期間2年を超えて保険料を徴収し、すでに企業が存在しない場合は当時の取締役から保険料を徴収することも検討する。


◆「年金記録問題検証委員会」が中間報告を発表◆

年金記録漏れ問題の原因分析や責任追及を行う総務省の「年金記録問題検証委員会」が中間報告をまとめ、一連の問題の原因は「社会保険庁のガバナンスやコンプライアンスの欠如」や「事務処理システムの不備」にあると指摘した。今後実態調査を行い、今秋をめどに最終報告をまとめるとしている。
07年07月18日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年07月12日

最近の動き

◆年金記録漏れ問題の新対策を発表 政府◆

政府は、年金記録漏れ問題に関する新対策を発表した(内容は以下の通り)。また、「年金時効撤廃特例法」の施行日を7月6日とし、同日から社会保険事務所等で時効分の年金支払手続を開始すると発表した。
・該当者不明の年金記録の照合
・通知を2008年3月までに完了
・2011年度をめどに年金
・医療情報を管理する「社会保障カード」を導入
・7月中に総務省の新組織「年金業務・社会保険庁監理委員会」を設置


◆厚労省の電子申請システムに欠陥◆

雇用保険や健康保険等の手続きを行う厚生労働省の「電子申請・届出システム」で、システム利用の際に必要なソフトに欠陥があり、当該ソフトをダウンロードしたパソコンでインターネットに接続すると情報流出などの恐れがあることがわかった。同省は6月下旬に指摘を受けていたが、注意喚起しないまま10日間にわたり放置していた。


◆手帳や家計簿なども年金支給の証拠資料に◆

年金支給の是非を判断する「年金記録確認中央第三者委員会」は、領収書がない場合の支給の判断基準について、「明らかに不合理でない」「一応確からしい」と判断できるものについては広く支給を認めていく方針を示した。個人の日記や手帳、預金通帳、家計簿、会社勤めの場合は、当時の雇用主の証言があれば認められる。ただし、本人の主張だけで証拠資料がない場合は認められない。
07年07月12日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
07年07月10日

最近の動き

◆社保庁改革法・年金特例法が成立◆

【社会保険庁改革関連法の内容】
1.2010年に社会保険庁を廃止して日本年金機構(非公務員型の公法人)へ業務移行
2.保険料徴収業務などを可能な限り外部委託
3.悪質な保険料滞納者についての強制徴収を国税庁へ委任
4.クレジットカードによる保険料納付など収納対策を強化

【年金時効撤廃特例法の内容】
1.年金記録が訂正された場合は5年の時効を適用せず過去の不足分を全額補償
2.政府は年金情報について正確な内容とするよう万全の措置


◆年金記録漏れ問題の新対策を発表 政府◆

政府は、年金記録漏れ問題に関する新対策を発表した(内容は以下の通り)。また、「年金時効撤廃特例法」の施行日を7月6日とし、同日から社会保険事務所等で時効分の年金の支払手続を開始すると発表した。

・該当者不明の年金記録の照合・通知を2008年3月までに完了・2011年度をめどに年金・医療情報を管理する「社会保障カード」を導入
・7月中に総務省の新組織「年金業務・社会保険庁監理委員会」を設置
07年07月10日 | Category: 最近の動き
Posted by: obajimusho
ページ移動 前へ 1,2, ... ,68,69,70, ... ,72,73 次へ Page 69 of 73
新着ブログ10件
最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き最近の動き
コメント・トラックバック
カテゴリー
All
プロフィール
小耳ニュース
最近の動き
アーカイブ
月別アーカイブ
人気ブログ10件