こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。


先日の「税理士はミスを認めない」の記事に税理士さんらしき人から、間違っているとのコメントをいただきました。

ななめ読みをされたのかと思いますが、その税理士さんはななめ読みため、ちょっと勘違いをされてのコメントのようでした。

でもななめ読みでも勘違いされる文章を書いたのは私なので反省です。

さて、

この時期、税理士は源泉徴収の納付書書き、償却資産税の申告書書き、法定調書合計書書きで忙しくなってきています。

そこにすぐ確定申告の時期がやってきます。

更にいつもより多い12月決算の法人の申告もあり、忙しくなります。

忙しいゆえにミスもします。

素人でもできる確定申告書のミス発見の例をまたあげますね。

それは・・・

扶養親族と生年月日。

「こどもが社会人になったので扶養親族から抜けた。」

「親が退職して収入が無いので扶養親族に入れる。(父母二人分も)」

こういった情報が反映されていないことがあります。

親が障害者になっていたりすることもあります。

税理士からは
「それは納税者がきちんと言ってくれなきゃ。」
との意見がありそうです。

しかし、納税者は素人です。

家族の変動が確定申告に影響があるとは、わからないからお金を払ってプロである税理士に頼んでいるわけですから。税理士に最新の注意を払っていただきたいものです。

そして、生年月日。

税理士は確定申告には大抵専用ソフトを使っています。さすがに生年月日の数字を間違えることは無いと思いますが、じつは、生年月日を入力する際に、ほんの少しチェックを間違えて、大変なことになるのに気づかないことがあります。


それは・・・・・。


元号。


例えば、平成2年生まれのこどもなのに、昭和のところにチェックをしてしまい昭和2年生まれの老親になってしまう。

生年月日とかの条件を正しく入力すればソフトはきちんと所得控除を計算してくれますが、入力自体を間違えれば、パソコンは正直ですから、所得控除も間違ってしまいます。

ぜひ、お手元の確定申告書の生年月日と扶養親族のところを見直してみてください。




07年01月20日 | Category: 税理士のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

相続は誰しも起こることです。

しかし、滅多にない上に兄弟や家族間でほんの些細なことでもめてしまう恐れがあります。

そんなときは、相続に実力のある人に切り出してもらいましょう。

私の過去のお客様の例です。

会社員 40代男性

「妻の母が亡くなって相続手続きをしなければいけないと思いつつも、遺産分割でもめるのは明白であったのでやらないでいました。

西村さんにご相談したところ、すぐに動いてくださって他の相続人とも話をし、信頼を得られたようで、遺産の評価方法と分割方法をきちんと提示していただきました。

相続人間で多少やりとりはありましたが、

みんな『実は相続手続きを早くなんとかしようと思っていたけど、もめると思ってできなかったんだ。いい人に間に立ってまとめてもらえてすっきりしたよ。』 と言っていました。」

相続対策は生前にしておくことが望ましいのですが、相続開始後でも遺族のみなさんの心情をきちんと汲み取って相続手続きを勧めれば、心配いりません。

相続は法律上の権利を主張したり、いかに他の相続人を煙に巻いて自分の取り分を増やそうという場ではありません。

故人との生活を振り返り、故人が何を願っていたのかを相続人みんなで考える場です。

家族で争うことを願ってはいません。

相続人たちの思いをきちんと聞き、遺産の正しい価値を示して、仲良く分割していただくのがプロの相続FPです。

※遺産の正しい価値を示すことが非常に難しいです。
相続税法・財産評価通達の計算方法で出す方がいますが、あくまで税金を計算するためのものさしに過ぎませんので、それで評価するのはトラブルの元です。


07年01月19日 | Category: 遺言・相続のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。



資産に関する相談に欠かせない確定申告書のチェックでよく見かけるのが明らかな税理士のミス。

例えば、親族で共有名義の土地なのに、根拠もなく単独で所有しているとしての申告。

土地の謄本はもちろんのこと、毎年の固定資産税の納付書を見れば共有であることはわかるのに。

なぜか何年も単独所有として申告を続ける顧問税理士。

原因は何か?
本当にミスに気づいていないのかもしれません。それはそれで重症の税理士です。社会に出てから不動産に関わったことのない税理士は不動産については驚くほど素人みたいな人もいます。

でも、大きな原因はミスをしたことを認めない。途中で共有だということに気づいたとしても。

税金の申告については、ミスに税理士が気づいても税理士が自分で顧客に言うか、税務調査が入らなければ、税の素人である顧客はまず気づきません。(他の税理士などに申告書を見てもらわない限り)

あえてミスを修正しようとすればその変化でかえって顧客が税理士のミスをしていたことに気づきますので、そのまま間違った申告を続けてしまうのです。

ミスが発覚したら大変です。過去数年分の修正申告をする。過去の払っていなかった分の税金を顧客に払ってくれるように説得する。修正申告すれば、過少申告加算税がかかりますので、それは税理士が負担する。金額が大きければ数百万円にもなるかもしれません。

下手をしたら何も知らない顧客が脱税をしていたことにされるかもしれません。

こんな税理士のミスを発見した場合、普通は他の税理士に変えようと思います。

しかし、変更先の税理士を探すのがとても大変です。
なぜか。大抵そのミスをした税理士は近所の税理士です。つまり、新しい税理士は知り合いの税理士のミスを修正し、前の税理士の追及する仕事になります。

他の税理士からうらみを買うと、今度はその税理士から自分の顧客の確定申告のミスをつつかれるかもしれません。

税理士会の役員をしているような税理士だった場合は税理士会を通して圧力をかけたり嫌がらせを受けるかもしれないと思うと引き受けたくないのです。

正当な理由が無い限り依頼を断ることができませんが、これも有名無実なきまり。

引き受けたくない仕事だったら報酬を相場の数倍として提示すれば、顧客もあきらめます。

首都圏の税理士の競争の激しい地域はこんなことは無いのかもしれませんが、地方は狭いのでこんなこともあるようです。

近所の税理士は誰も引き受けてくれないのなら、首都圏や他の地域の税理士会の税理士を探して依頼するしかありません。

しかし、そうすると遠方であり、すぐに駆けつけてくれない上、交通費等で高くつきます。

消費者がとても不利なのが税の申告業界です。このため何百万円もの税金を多く払ってしまっている方がいる可能性があります。

税を払ってもらう国。制度を作るのも国。こういう間違って多く税金を払わせる税理士がいるのは税収が増えるのことになるから、野放しなのかと疑いたくなることもあります。

弁護士・司法書士・行政書士の関係のように
税理士独占業務の税務申告・税務代理・税務相談の内、税務相談だけでも規制緩和してFPなどに開放するのが消費者のためだと思います。

私はFPなので、税務相談ができないので、こういう場合は「あなたは税務署に税務相談に行った方がいいですよ」としかアドバイスできないのが残念です。

もしくは不動産業者の宅建協会のように、2つ以上の団体組織に税理士会にしないと消費者の損害を防げないのではないかと思います。







07年01月18日 | Category: 税理士のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。


先日のブログにも書きましたが、私がテレビに出演した際に紹介した家計簿を知人が書店に買いにいったら最後の一冊だったとのこと。

うれしくもありましたが、内心では
「店頭では最後でも倉庫とか追加注文で書店にいくつかあるだろう。」

と思って、近所の書店いくつかに寄ってみました。


すると・・・・。


無い・・・・。


確かに無い・・・・。


30種類近く並んでいる家計簿コーナーの中で
一箇所だけスペースがぽっかり空いている。


本当にみんな買っていったんだ・・・。


かなりの人がテレビを見てくれていたし、私が紹介した家計簿がいいものだと思ってくれた証拠だなですね。



テレビの影響はすごい。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台
お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

先日、銀行で会社の通帳を記帳したら・・・・。

覚えのない入金21万円が1月4日の日付でありました。

「なんだこれ?」

振込人のところの名前は顧客のAさん。

「顧問料とかコンサル料はきちんといただいていたよな・・・。なんだろ?」

年始のあいさつもかねて電話をして、聞いてみました。

私「1月4日に私に21万円振り込みましたか?」

Aさん「いいえ。1月4日どころか最近銀行なんか行ってません。」

私「でも、Aさんの名前で振込があるんですよ・・・。」

Aさん「私はわかりません。」

としばらく、押し問答がありました。

Aさん以外の人がわざわざAさんの名前で21万円ものお金を振込んでくるとは思えないです。

しかし、そのAさんが「振込んでいない」と言い張るのであれば、もう私としてはどうしようもありません・・・。

「21万円のお年玉としてもらえってことか?」

と思いましたが・・・。

私「去年の年末にどこかにお金を振込ませんでしたか?年末に振込むと時間によっては銀行が開く1月4日に入金になりますが。」

Aさん「あ!!わかりました。○○に振込む時に振込カードを間違えたんだ。」

と、一件落着。

このAさん。振込の控を平気で捨ててしまうタイプの人です。

間違えて振込をした先がネコババするような人のところだったら、どうなっていたでしょう?

振込の控えは大切に保管しておいてください。

余談ですが、1月4日から10万円以上の現金での振込がATMでできなくなっています。

今月末にもまた同じ21万円の振込があるとのことです。ATMでパニックにならないようにアドバイスしておきました。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台
ページ移動 前へ 1,2, ... ,172,173,174, ... ,175,176 次へ Page 173 of 176