こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

保険診断をおこなっていますと、かなりの高確率で酷い保険の転換をされた生命保険の契約を見ます。


あなたに保険を勧めた方はあなたの味方ですか?



それとも保険会社の味方ですか?


保険の転換とは、わかりやすく言うと昔から加入している保険を下取りしてもらい、新しく加入する保険にその下取り金を充ててもらうことです。


マイカーを買い換える時のやりとりに似ています。そのような営業トークで保険の転換を勧める方もいますが、保険とマイカーは全く違います。


昔から加入している保険は総じて予定利率が高いのです。予定利率が高ければ、それだけ安い保険料で大きな保障が得られ、貯蓄性があるものではその貯蓄部分が高いもので年5.5%(目安)で運用されています。


マイカーは年々価値が下がりますが、昔の保険(バブル期に加入したもの)は年々価値が上がるのです。



その年5.5%の予定利率の保険を下取りに出して予定利率が低い(年1.65%等)現在販売されている新しい保険に加入し直させるという保険会社の利益を重視した場合が多いのです。それだけで加入者よっては数百万円の損をしています。

もちろん保険の転換全てが悪いのではありません。


ライフステージに合わせて必要な保障が変わっていくこともあります。その際に保険の再設計のために転換が行われます。


しかし、加入者の利益を優先した高い予定利率の保険を残しつつもライフステージに合わせた保険の再設計ができるのにも関わらず、保険会社の利益を優先した転換が非常に多いのが現実です。


保険会社の人に勧められて最近保険に加入していませんか?


保険証券に『転換』の表示はありませんか?



単なるお付き合いで数百万円ものお金を無駄にしていませんか?


将来大きな後悔・1000万円超の損となるかもしれません。くれぐれもご注意ください。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台
07年01月09日 | Category: 生命保険のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。


今年最初のテレビ出演情報です。

2007年1月10日(水)7:25〜8:25『ウオッチン みやぎ!』の中の1コーナーで出演します。

東北放送(TBS系列)の朝の人気番組『朝ズバ』と『はなまるマーケット』の間の時間帯です。

宮城県の方しか見られませんが、よろしければごらんください。

本日はお知らせでした。
こんにちは。

お金とくらしのセカンドオピニオンの総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏in宮城・仙台です。

最近の相談事例で一歩間違えれば、人生が狂ってしまうような事例がありました。

自動車保険の見直しのご相談だったのですが、相談を進めていくうちになんと、所有車の内の一台が有効期間内の自動車保険証券があるのにも関わらず、実は自動車保険に加入していない無保険状態で毎日運転していたことがわかりました。

相談者はこれまでつきあいのある保険代理店に頼んで、きちんと自動車保険に加入しているつもりだったのですが、保険代理店が勘違いをしたのか、手続きを間違えたのかで、このような無保険状態が4ヶ月も続いていました。

無保険期間中の事故が無かったのは幸いですが、無保険状態に気づくや否や、そんな間違いをする代理店は信用できませんので、私の方で最優先に自動車保険加入の手続きをとりました。

もし今回相談をしないで、気づかないまま運転を続けていて何千万円の損害の事故が起きていたら・・・・と思うとゾッとします。

自動車保険は非常に難しいですが、必要な特約と不必要な特約を見極め、更に色々な条件を整えることで安い保険料で充実した保険にすることもできます。

保険代理店の人にまかせっきりで毎年更新していませんか?

無駄に高い保険料を払っていたり、必要な特約がついていなかったり、今回のように手続きを間違えて恐ろしい事態に陥ってしまうかもしれません。ぜひ、ご自分の保険をきちんと確認することをお勧めします。

href="http://fplifewv.com">総合的ファイナンシャルプランナー西村和敏
07年01月07日 | Category: 自動車保険のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
お金とくらしのセカンドオピニオンと題してお送りしておりますこのブログですが、本日は高額商品であるパソコンについてです。

インターネットオークションや中古のパソコンを販売するショップで中古のパソコンが売買されていますが、ここでも、実は買い手に大切な情報が伝えられていないことが多いのです。

それは・・・

OSのサポートがすでに終了していること。

マイクロソフト社のWindows をOSとしているパソコンがほとんどだと思います。

そのOSの中で、95、98、98SE、Meはすでにサポートが終了しています。

サポートが終了していると、セキュリティの脆弱性やバグがあったとしても修正してくれません。

何が問題かというと、新たなコンピューターウイルスが感染する可能性が高いことがいえます。

マイクロソフト社がサポートを終了していては、ウイルスソフトを導入していても新たなウイルスの感染を防ぐことはできません。

95、98、98SE、Meのパソコンはネットにつながないで使用するか、ウイルスに感染しても問題が無いように大切なデータを保存しておかないようにしないといけません。

このことを知らずに中古のパソコンを買ってしまい、大切なデータを失うことのないようにしてください。

ちなみにXPは2009年にサポート終了の予定です。

2009年にはVistaに多くの人が買換えないといけないかもしれません。

パソコンを自作できない一般の方は
今年Vistaが出ますから、いくら安売りをしていても新品パソコンでもXPを買うのは控えた方がいいでしょう。

新しい年が始まりました。

平成18年が終わったことで、今度は平成18年分の所得を申告する確定申告がやってきます。

1年に一度のことですから、税務署も税理士事務所も大忙しです。

税理士はプロだから確定申告もお手の物と一般の人は思いがちですが、実は税理士も人の子。一年も経てば去年の顧客のことをほとんど忘れてしまいます。

しかも、一年に一度しか会わないような確定申告のみの不動産賃貸業の顧客は要注意です。

税理士事務所経験もある私は当然個人も法人も確定申告書が読めます。

そんな中で、個人の確定申告書でこんな間違いを発見することがあります。

60歳を過ぎたAさん。
社会保険料控除には国民健康保険料と介護保険料があります。

しかし、何を思ったか年間5万円ほどの介護保険料の分しか控除の申告をしないで、年間53万円もの国民健康保険料の控除の申告をしていなかったのです!!

所得にかかる所得税と住民税の税率が合計20%として、

53万円×税率20%=10万6千円もの余計な税金を毎年支払っていました。

税理士には毎年15万円もの報酬を支払っていたのに、こんな単純なミスをして、余計な税金を支払わされていたのです。

私はすぐに知りあいの税理士を紹介して、税理士を切り替えることを提案しました。

みなさんも一度確定申告書を顧問税理士以外の人に見てもらうことをお勧めします。
07年01月05日 | Category: 税理士のセカンドオピニオン
Posted by: fplifewv
ページ移動 前へ 1,2, ... ,173,174,175 次へ Page 174 of 175